読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PIAZZA代表 矢野晃平

街に広場が必要なんだ!!!

親子で楽しめるプログラミングイベントの開催(朝日新聞社 x PIAZZA)

朝日新聞社さんと4月2日に親子で楽しめるプログラミングワークショップを開催します!!

プログラミングの必要性や、できることによる可能性は増すばかり。

私はITサービス創りながら、子育て支援施設の運営にも携わっているので、ぜひ子供たちへプログラミングへの一歩をて提供したいという想いがあり、今回このような形で実現できてとても嬉しいです。

先着10組なので、ご関心ある方はお早めに!!

f:id:kohei_yano:20170311120002p:plain

【ワークショップ概要】

  • 日時: 4月2日(日) 10:30 ~ 12:00
  • 場所: グロースリンクかちどき マナViva! 東京都中央区勝どき1-3-1 アパートメンツタワー勝どき1F
  • 主催社:朝日新聞社、PIAZZA株式会社
  • 教材協力:プロキッズ
  • 推奨年齢:年中〜小学4年生(それ以外のお子様も参加可能です)
  • 講師: 朝日新聞社 中釜由起子
  • 定員: 10名
  • 参加費:3,500円/1名(兄弟2人目からは1000円/人)
  • お支払い:会場にて現金でお支払いください。
  • 申し込み方法: 下記お申込みフォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。https://docs.google.com/…/16Np4Ps6gBjJZYzMkulYeo-…/viewform…
  • 持ち物:なし

朝日新聞社・PIAZZA共催、プロキッズ教材協力 イベント~
親子で学ぼう!「プログラミング×こども新聞」ワークショップ開催のお知らせ
今、「プログラミング」に注目が集まっています。

2020年から小学校でも必修化されることが決まっています。でも、子ども向けのプログラミングを幼いときに気軽に体験する機会はまだ多くありません。そこで、パソコンを使わずにプログラミングを体験できるワークショップ「はじめてのプログラミング」を企画しました!

「プログラミング」というと、専門の文法に沿ってプログラミング言語をパソコンに入力する難しいもの…と思っていませんか?

プログラミングで身につけたいのは、「自分の考えを具体的なカタチにして人に伝える力」。
プログラミング言語そのものより、論理的な思考力や、順序だてて問題を解決する力を育成する力を身につけることが大切なのです。

 今回は、「紙とペンでプログラムする」プログラミング教育用ロボット「Ozobot」(https://ozobot.jp/)を使って、今後プログラミングを学ぶ際に必ず必要な「プログラミングの考え方」とコンピュータを自分のアイデア通りに動かす基本のスキルを学びます。

ワークショップを通して、親子で一緒に楽しく学びましょう!
※ワークショップで使用する教育用ロボット「ozobot」やこども新聞用機材、材料はすべて準備します。