PIAZZA代表 矢野晃平

街に広場が必要なんだ!!!

街づくりを科学しよう|街のコミュニティを数値化する「Community Value」を発表

「コミュニティ」

 街づくりに関するディスカッションでは必ず乱用される言葉。「コミュニティ活性化のため!」とか言っておくとなんか良い事をやっている感を出してくれる魔法の言葉でもある。
 
でも実態は何なのか?何を持ってコミュニティがよくなってるとか、悪くなっているとか表現するのだろうか?
 
少子高齢化が進む日本では、長期的に建物を新規で立てる需要というのは限りなく少なくなっていくことは、誰でも想像できること。もはや逃れられない事実。
 
そして、不動産は「建てる」から「運営」が重要となっていく中で、建物やその街に住む人びとのコミュニティの運営が鍵となるはず。にもかかわらず、それをイマイチ価値換算できない今日。コミュニティの概念が抽象的で評価が難しい。結果、経済価値に換算されず、不動産を建てた以降のエリアマネジメント市場は日本では皆無であると言っても過言ではない。
 

f:id:kohei_yano:20180329111309p:plain

 
この現状を打開したく、僕たちが運営する地域SNSアプリの「PIAZZA」ユーザーグラフデータを用いて、街のコミュニティを数値化した「Community Value」という定量指標を開発した。

f:id:kohei_yano:20180329110523p:plain

街のコミュニティを数値化する「Community Value」とは

Community Value(以下、CV)は、PIAZZAアプリのユーザー間のグラフデータに基づいて「つながりの数」「活動(参加・貢献)の量」などを加味し、その時点での街のコミュニティを数値化したものであり、個人のソーシャルキャピタルを表現した値とも言える。
 
CV更新頻度:月次
CV構成要素:ユーザー間のユニークなつながりの数、当月のユーザー活動(投稿、コメント、いいねなど)、アクティブユーザー数
 f:id:kohei_yano:20180329110648p:plain
街のCVとは、その街に所属するユーザーCV値の総和であり、ボトムアップで算出。これは、街に属する一人一人の貢献が街を創っているという思想から。上場会社でいう、時価総額のようなイメージ。

f:id:kohei_yano:20180329111457p:plain

こちらのWEBページから、街ごとのCVが記載されているので、ぜひご覧ください。
 
この数値を使って、期間成長率で測ってみたり、ユーザーあたりのCV(株式評価で用いられるPERなどマルチプル法)で見ていくことで、街ごとの比較ができたりする。

f:id:kohei_yano:20180329111055p:plain

CVを活用することのメリットは

今まで曖昧だったコミュニティが数値化されることでKPIとして管理でき、施策ごとにPDCAが回せることで、街でのコミュニティがより拡大・継続しやすくなていくこと。このように定量評価できれば、コミュニティが継続しやすい施策が判断できていき、良い事例は他の街でも反映されるなどして、街のコミュニティを科学していける。

早速、行政でも導入開始

この指標は、既に江東区では事業KPIとして導入されており、今後様々なエリアでも普及されていくと願う。プレスリリース後、早速のお問い合わせを頂きがはじめています。
 
完璧ではないかもしれないが、これは一つの社会実験であり、街づくりを取り組む僕たちの挑戦でもある。
 
用いている数式や、行政でどのように導入されているかなどもシェアでますので、街づくりに関わる行政、不動産ディベロッパーの皆様、コミュニティを研究されているリサーチ機関や、NPOの皆さん、少しでもご関心があれば是非気軽にご連絡ください。
 
PIAZZA株式会社 代表 矢野
直通メール:kohei.yano@piazza-life.com
 
【Press Release】
 
【Community Value ページ】
【PIAZZAアプリのご案内ページ】

www.lp.piazza-life.com

 

グレートテストショーマンに見るチームの理想像

The Greatest Showmanの映画自体も素晴らしかったけど、こちらメイキング映像で、すごくシャイで感情を表現できていなかった女優さんが、チームとの練習中に自分を乗り越えていく姿に、何よりも感動しました。

 

www.youtube.com

 

朝、三回見直しちゃいました。

 

映画製作のように会社(特にスタートアップ)なんてミッションを実現する為だけに集まった集団。

 

会社の仲間をお互いに信頼し認め合う環境の中で、それぞれが自分の殻を破れる機会を多く創れれば、掲げたミッションを実現できる。

 

まさにここにあるチームモーメント。この映像に全てが凝縮されてる。

 

皆がいるから頑張れるし、皆といるからこそ乗り越えられる山がありますよね。

 

それにしても本当に素晴らしい歌だなぁ

 

目指すは「暮らしのWeWork」📢仲間絶賛募集中📢

 
<エンジニア・事業開発・施設運営>
 
もの凄くチャレンジングで、成長できるフェーズです。
街づくりやコミュニティ作りに関心がある方、ぜひ一度お話しましょう!!
 
◉エンジニア
◉事業開発
 
◉施設運営

日経掲載|江東区による地域SNS「PIAZZA」の活用について

今朝の日経に江東区でのPIAZZA活用について掲載いただきました。

江東区さんとの連携がとても上手くいっており、今年は江東区内での子育て世帯にはガンガン普及していきます!

また、行政・自治体との連携も積極的に進めていきます!

 

www.nikkei.com

 

私も掲載されることは知らなかったので、朝からポジティブサプライズでした!Yay!

 

【NHKで紹介】注目されはじめている地域SNSを活用した街づくり!

12月25日にNHKのTOKYOディープにPIAZZAやグロースリンクでの取り組みを紹介していただきました!

f:id:kohei_yano:20171226185929j:plain

f:id:kohei_yano:20171226185923j:plain

 

「タワマン発21世紀型まちづくり」というタイトルも好き。

はじめての全国放送で4分間と長いカットで、PIAZZAを上手く表して頂きとても嬉しい!

 

ガレッジセールのゴリさんからは「井戸端アプリ」と命名いただきました!

f:id:kohei_yano:20171226185910j:plain

撮影にご協力いただいた皆様、本当に有難うございましたmm

 

吉澤さんの「子供たちのために、この街を地元にしてあげたい!」という熱い想いがちゃんと届いていてよかった。

f:id:kohei_yano:20171226185917j:plain

 

引き続き、地域SNSを掛け合わせた街づくりに邁進していきます!

 

www.piazza-life.com

 

【動画はこちら】

www.youtube.com

日経デジタルマーケ掲載!ローカルマーケティングについて

f:id:kohei_yano:20171226182330j:plain

日経デジタルマーケティング最新号で、PIAZZAがB向けに提供しているコミュニティマーケティングについて取り上げていただきました!

第一パン様との食パンのプロモーション事例について、下記のコメントが記事中にあります。


第一パン商品本部商品開発部 プロダクトデザイングループの鈴木リーダーは「想定ターゲット層を確実に集められるし、改善すべきポイントなどの生の声が聞ける。アプリで継続的に商品情報を発信することで、イベント参加者が商品や当社のファンになる可能性が高い」
f:id:kohei_yano:20171226182401j:plain

同商品プロモーション後、勝どき近辺の全てのスーパーにこちらの食パンが卸すことができたのは、イベントを通じた実際に住民の声をベースに営業できたことが大きかったと仰っていただきました。(今回お手伝いさせて頂いた「みみふわ」という食パンは耳まで食べれて、なんと卵不使用!ママの声から産まれたという素晴らしい商品です!)

ネットがこれだけ発達しているのにもかかわらず、ローカル商圏へのリーチ手段は未だにチラシやDMから進化していません。

ここに風穴をあけていきたい!

ローカルネットワークを構築することは、住民のつながりに加え、地域経済の活性化に寄与していくはず。

取材に応じてくださった第一パンさま、取材してくださった日経BP社の降旗さま、そして何よりプロモーションに参加してくださったPIAZZAユーザーのみなさま、どうも有難うございましたmm

メーカーさまで自社商品のローカルプロモーションに関心がある方は是非、ご連絡ください!! 

https://www.lp.piazza-life.com/partner

ReactNativeでアプリ開発秘話!

地域コミュニティアプリPIAZZAAndroidアプリはReact Nativeで開発しています。このReact Nativeは比較的新しいフレームワークで、僕たちが開発を始めた当時は前例がほとんどない状況でした。

f:id:kohei_yano:20171220160320p:plain

 

新しい技術や開発手法は積極的にチャレンジする!というモットーの中、このフレームワークでの開発を進めている弊社のリードエンジニア奥澤 考志 (Takashi Okusawa)が開発経緯やティップス、ハマった所(←これ嬉しい)をこちらに公開しました。

<冒頭>
私がReact Nativeでの開発をはじめた当初は、日本語での情報がまだ多くありませんでした。React Nativeのセットアップやライブラリの紹介が多く、開発を進めていくと参考になる情報は少なくなっていきました。
私が知りたかったのは、実際にアプリを最後まで作った方の経験談でした。ちょっと触っただけではなく、実際にアプリをリリースされた方の生きた声を聴きたかった。

そこで自分がアプリをリリースしたら、開発で得た知見をどこかに書きたいと思っていました。 2016年10月にアプリをリリースし、すぐに書きたいと思っていたのですが、忙しさにかまけてどうしても後回しになり…あっという間に1年が過ぎてしまいました。
ーーーーーーーー

エンジニアの皆さんのご参考になれば!

medium.com

そして弊社は、エンジニアを絶賛募集中です。
スタートアップだからこそ、いろいろな技術や領域を試す機会がありますよ〜

好奇心旺盛なメンバーが集まっています。ご関心ある方は気軽にご連絡ください!

 

www.wantedly.com